便秘解消に役立つこととは

現在の日本ではどんどん食事が欧米化しており、肉食がどんどん多くなってきています。

 

その影響もあってか日本人にはどんどん便秘になる人が増えてきているというのが現代の事情としてあるのです。

 

しかし、便秘というのはいがいと恐ろしいもので、長年便秘を抱えていると腸に負荷がかかってしまって将来的には大腸がんの原因のひとつとしても考えラえるようになってきているのです。

 

大腸がんといえば女性の死亡率のかなり多くをしめる深刻な病気です。

 

これは女性のほうが便秘が多いということもひとつ起因しているのではないかと考えられています。

 

そのため便秘がは頬って置くことは決していけないというのが現代の医学の大方の考えとなっています。

 

そこで今回は誰でもできる簡単な便秘解消のために役立つことを紹介します。

 

まずひとつに便秘解消のためにできることは食事の改善からです。

 

便秘の原因となっているのは先程も言ったように肉ばかり食べていることがひとつの原因となっています。

 

便秘がおこらないようにするためには野菜に多く含まれている食物繊維がどうしても必要になってくるのです。

 

食物繊維を多く摂ることによって腸の蠕動運動を促進し便秘をしないようにしてくれるのです。
関連:下半身痩せ成功談


便秘解消するには自分の便秘の種類を調べる

 

便秘でお悩みの方に女性が多いのは腹筋が弱いから、

 

トイレに行くのを我慢することが多いからと言われています。

 

そんな便秘解消には便秘の種類に合った対策が必要です。

 

便秘にも種類があり、大まかに分けると器質性、機能性の2つがあります。

 

器質性は腸の炎症や閉塞、先天的な腸の障害、ポリープ、癌など病気が原因になっておこる便秘です。

 

機能性は食生活の乱れやストレスなどで起こる急性の便秘、

 

大腸には異常がないけど機能低下により起こる慢性の便秘があります。

 

 

 

器質性の場合は出来るだけお早目に病院で診てもらったほうが良いです。

 

機能性の場合は食生活などの生活習慣の見直しや腹筋を鍛えるなどの運動である程度解消ができます。

 

ある研究ではごはんや豆類の摂取量が多いほど機能性便秘が少ないお菓子やパンの摂取量が多いほど機能性便秘が多いという調査結果が出ています。

 

マグネシウムの摂取不足が便秘に繋がるとも言われているので、ご飯や豆類、マグネシウムを多く含む食品を摂取するよう心がけると便秘解消が期待できそうです。

 

また、食物繊維は便秘を改善させる、消化管運動を活発にする、便容量を増大させるなどの作用がありますので、加えて野菜類、果実類、きのこ類、藻類など食物繊維を多く含むものを積極的に食べると良いですね。

 

ごぼう料理で便秘解消

 

私が、便秘になったとき、便秘解消のために食しているものとは、何と言ってもごぼうに他なりません。

 

私が、なぜごぼうを便秘解消のために食しているのかというと、ごぼうには豊富な食物繊維が含まれているからです。

 

食物繊維には腸内をキレイに掃除してくれるという便秘解消には欠かせない効果があるため、私は便秘になったらごぼうを積極的に食べています。

 

それは、私の母から教えてもらったことですので、言わば母から受け継いだ便秘解消の秘訣なのです。

 

 

 

それでは、ごぼうを具体的にどんな料理で食べているのかということ、それはきんぴらごぼうの煮付けであったり、ごぼうサラダであったり、ごぼうご飯であったりなどです。

 

これらを作るのはなかなか難しいですが、その分できたときにはとても達成感があり、なおかつ便秘解消にも良いというのですから一石二鳥です。

 

便秘解消の対策として、便秘解消薬を服用したり、便秘解消のためのマッサージをしたりなどをするのも良いですが、こうしてごぼうの料理を楽しみながら便秘解消をすれば、ツライ便秘も耐えることができます。

 

 ですので、これからも便秘になってしまったら、ごぼう料理を作ることによって便秘解消したいと私は思っています。